Applewatchは買いなのか?

Applewatch購入から1年8ヶ月経過での感想

Applewatchを購入してから1年と8ヶ月が経過しました。

果たしてApplewatchは買いなのか?

Applewatch購入に至った経緯

Applewatchを購入しようと思ったのは、もちろんiPhoneを使用していた事もあり、iPhoneの通知を時計で受け取りたいと思ったからです。

私の職場では、仕事場に個人スマホを持ち込む事は禁止ではありませんがメールやLINEをApplewatchで確認出来る事はとても便利です。

それがApplewatchで出来る事により、仕事中にiPhoneをわざわざ確認しなくても良くなる事が利点ですね。

Applewatchの購入で迷った事

Applewatchの購入で迷った事は、GPSモデルにするかcellular+GPSモデルにするかです。

なぜ、迷ったかというと、cellular+GPSモデルは本体価格もGPSモデルと比較すると少し高いのです。

本体代が高いのと、Applewatch単体で通信ができるのでSIMの契約を別途しなければならなく、ランニングコストも高くなります。(SIM契約をせずにGPSモデルとして使用もできます)

そこまでして、cellularを使用するか?という疑問があります。

Applewatch単体で通信ができると便利である事は確かなのですけどね。

それと、バッテリーの消耗が激しいという噂。

購入で迷ったのはこれですね。

GPSモデルを購入した理由

結局、私はGPSモデル(Applewatch series5)を購入しました。

GPSモデルはアルミニウムモデルしかありません。

アルミニウムモデルの悪いところは、本体に傷が付きやすい事です。

しかし、それを嫌ってアルミニウムモデル以外のApplewatchを購入しようとすると、cellular+GPSモデルを購入する事になります。

cellular+GPSモデルは本体代が高くなる事、契約しなくても良いですがSIM契約も必要で月額のランニングコストがかかる事。

それを考慮してGPSモデルを購入しました。

GPSモデルとiPhoneの接続可能距離

GPSモデルの場合は、Applewatch単体では通知を受け取る事ができません。

iPhoneと接続されている必要があります。

その距離もGPSモデルを購入する時に色々と調べましたが、100メートルくらいは問題なく接続が可能との情報でした。

しかし、実際に私が実験したところでは、何もない直線で30メートル程度でした。

ですので、建物内で壁があるところはもう少し短い距離しか届かない事になります。

という事を購入してから実際に経験しました。

トイレへ行く場合などは、iPhoneは自席に置いていきますが、壁があっても実際にはiPhoneとの接続は切れる事は無く、通知はしっかりと届いています。

便利な機能

私が思うApplewatchの便利な機能としては、Applewatchで電話が出来る事です。

Applewatchからも電話が出来るし、Applewatchで電話に出る事もできます。

カバンなどにiPhoneを入れていてマナーモードにしていると電話の着信などに気が付かない事がありますが、ApplewatchをしているとApplewatchに着信が表示されるのでとても便利です。

カメラのリモコンとしても使用する事ができます。

普通であれば離れた距離で写真撮影をしようとすると、iPhoneのセルフタイマーを使って撮影しますが、Applewatchを使っていると、ApplewatchをリモコンとしてiPhoneのカメラのシャッターを押す事ができます。

これはとても便利です。

ワークアウトも便利です。

私はテニスをする時に使用していますが、ワークアウトには色々なメニューがあり、消費カロリーなどの消費も分かります。

マップも表示する事ができます。

メッセージやLINEへの返信は、文字を打つ事はできないので好きな内容を返信する事はできませんが、あらかじめ登録してある文章を選択して返信する事は可能です。

Applewatchのダメなところ

Applewatchのダメなところは、バッテリーの持ちでしょうね。

Applewatchへ通知する内容を選択できるので、通知を少なくする事でバッテリーの減りは少なくできますが、やはり毎日充電しなければならないと思います。

朝の7時30分から19時くらいまで使用すると、40%くらいバッテリーを消耗します。

なんとか頑張れば2日間は使用できるかもしれませんが、基本的には毎日充電を必要とします。

1年8ヶ月使用してのバッテリーの状態

Applewatchを1年8ヶ月使用してのバッテリーの状態ですが、8%死にました。

ですので、100%充電しても、容量としては92%がマックスになります。

普通にバッテリー交換をしようとすると、1万円くらいのはずなので、どこまでバッテリーが死んだら交換をする必要があるか(使用に耐えられなくなるか)が問題です。

結論

私の結論として、Applewatchは買いなのか?

買いだと思います。

iPhoneを職場(近く)に持ち込めるのであれば、SIM契約をしなくても良いGPSモデルがお勧めですね。

職場にiPhoneを持ち込めないのであれば、cellular+GPSモデルが良いと思います。

iPhoneとApplewatchの接続が出来ない距離であるなら、cellular+GPSモデルが便利ですね。

その代わり、SIM契約をしてApplewatch単体での通信が必要となりますのでランニングコストがかかるという事です。

上記の内容も加味し、毎日の充電を苦と思わないのであれば、Applewatchはとてもお勧めですよ。

格安SIMの会社では、Applewatchのcellular(SIM)に対応していない場合もあるので、もしも、cellular+GPSモデルの購入を検討しているのであれば、キャリアへ確認してみて下さい。

トレンド
スポンサーリンク
AdSenseチャレンジ・旅行・トレンド

コメント

タイトルとURLをコピーしました