LEDフラッシュライト

LEDフラッシュライトについて

最近のマイブームというか、昔から興味があったのですが、最近は特に明るいLEDフラッシュライトが発売されているので色々と調べてみました。

えっ!使う???と思いますよね。

確かにそんなにフラッシュライトを使う場面って多くは無いと思います。

でも、男ってフラッシュライトへのあこがれが子供の頃からあるのですよ。

暗闇が好きというか、暗闇を明るくする事が好きと言うか・・・・(笑)

子供の頃は暗闇が怖かったので懐中電灯を持って夜に遊びました。

私が子供の頃の懐中電灯は、電球が豆電球と呼ばれるもので、どんなに明るくても限りがありました。

それが、LEDというものが出てきて、電池の持ちも良くなり、明るさも半端ない明るさにまりました。

本体の価格はそれなりに高いのですが、電池も充電式のバッテリーになり、コストパフォーマンスも良いと思います。

LEDLENSER Hokus Focus

私が今持っているのもは単四電池を3本使用するもので、メーカーは有名なLEDLENSER。

Hokus Focusです。

スペックとしては、明るさが82ルーメンでワイドにもスポットにも出来るようになっています。

購入した当時は明るい!と思いましたが、慣れてきたせいなのかもう少し明るいのが欲しいと思いだしたました。

購入を検討しているフラッシュライト

LEDLENSERのHokus Focusでは明るさがもう一つということで、購入を検討しています。

今のところ、候補は3つです。

私が必要としているスペックは、大きすぎない、300ルーメン程度のモードでのランタイム時間、予備バッテリーが入手しやすい(互換バッテリーが使える)の4つです。

それを考慮して以下の3つを候補としてみました。

モードについては、ストロボ、SOSを必要としていませんので記載していません。

OLIGHT Seeker 2 PRO

こちらが公式HPです。

本体長さ約128ミリメートル
頭部直径約35ミリメートル
本体直径約28ミリメートル
明るさ5段階
・モード13200ルーメン 2分間
600ルーメン 150分間
・モード21200ルーメン 110分間
600ルーメン 30分間
・モード3300ルーメン 9時間+30分間
・モード450ルーメン 52時間
・モード55ルーメン 12日間
バッテリー21700 5000㎃h

WUBEN A20

こちらが公式HPです。

本体長さ約135ミリメートル
頭部直径約42ミリメートル
本体直径約27ミリメートル
明るさ5段階
・モード14200ルーメン 2.6時間
・モード21200ルーメン 4.5時間
・モード3400ルーメン 8.5時間
・モード4130ルーメン 21時間
・モード55ルーメン 110時間
バッテリー21700 4800㎃h

NITECORE E4K

こちらが公式HPです。

本体長さ約118ミリメートル
頭部直径約29ミリメートル
本体直径約28ミリメートル
明るさ5段階
・モード14400ルーメン 30分間
・モード21050ルーメン 3時間15分
・モード3320ルーメン 7時間30分
・モード450ルーメン 45時間
・モード52ルーメン 700時間
バッテリー21700 5000㎃h

上記スペックで検討

私が必要とするスペックで考えると・・・・・

いちばん欲しいのは、OLIGHT Seeker 2 PROです。

価格は少し高めです。


OLIGHT SEEKER 2 PRO ブラック 3200高ルーメン 最強led懐中電灯・3個 CREE XP-L LED 最強 ルーメン ライト・5段階切替 フラッシュライト 強力・パワーと電池残容量インジケーター持ち ハンディライト・2個*21700 5000mAh充電電池付き・IPX8防水・高輝度 ハイ・パワー 懐中電灯 LED 強力 充電式 (2個*21700 5000mAh充電電池付きのSEEKER 2 PRO)

本体も大きすぎず、必要としている300ルーメン程度でのランタイム時間も良い感じです。

作りもしっかりしているようで、充電もマグネットで出来るのが良い。

操作をする為のボタンにバッテリー残量がLEDで表示されるのも良い。

しかし、大きな問題が一つ!

OLIGHTのバッテリーは作りが特殊で、互換バッテリーが使えないとの事です。

プラス電極の周りにマイナス電極もあるという、OLIGTHの特別なオリジナルバッテリーです。

これがちょっとマイナスですね。

2番目の候補は、WUBEN A20です。


WUBEN (国内正規品) USB 充電式 LED フラッシュライト 強力 4200ルーメン 防水 IP68 A20 護身用 軍用 防災 対策

これの良いところは、ランタイムが長い事なのですが、頭部直径が少し大きいのです。

それがマイナスかなと思っています。

最後にNITECORE E4Kは他の2つの製品と比べると少しお得な価格です。

サイズ的にも小さめですし、ランタイムもまあまあな感じです。

バッテリー2本、充電器付きでも14000円程度で購入できます。


Combo: NITECORE E4K Next generation Flashlight – 4400 Lumens w/NL2150HPi & NL2150HPR Batteries +UMS2 Intelligent Charger & Eco-Sensa USB Cord

総評

どれも良い商品に感じます。

バッテリー単体の価格としては、OLIGTHは2995円。

WUBENは3901円。

NITECOREは2143円。

NITECOREが一番安いですね。

WUBENは無しかな?

1+

コメント

  1. yk827 より:

    男性には、フラッシュライトへの憧れがあるというのは初耳です(笑)
    それにしても、かなり細かいところまで調べていますね。
    以前からブログを拝見して思っていましたが、探究心がすごいですよね。
    kenchanさんは、こだわりが強そう!
    無事にお気に入りのフラッシュライトが手に入るよう、祈っています(^_−)−☆

    0
    • kenchankenchan より:

      大切なのは正しい情報を正しく伝える事ですね。
      細かい事が出来ない人はブログ発信には不向きという事です。

      今回のLEDフラッシュライトを調べるのには時間がかかりました。
      自分の条件に適合するものを全て調べましたよ。
      それくらいの事をしなければ楽しくないですね。

      0
タイトルとURLをコピーしました