SNSひぼう中傷投稿者 迅速開示の手続き創設 総務省有識者会議

定義が難しい

誹謗中傷って受け取り側によっても違ってくると思うのですが、どうでしょう?

汚い言葉を使わなくても、誹謗中傷はできますよね。

普通の言葉を使っても、受け取り側がどのように受け取るかによって、誹謗中傷とされ、訴えられたりアカウントが停止になったりするという事になりますね。

思った内容の書き込みができない

そう思うと、確実に誹謗中傷と受け取られないような言葉遣いや内容の書き込みを心がけなければなりません。

そうなると、本当に思っている事など書き込みができなくなる?嘘ばかり?の書き込みになるのではないでしょうか?

もともとネットの書き込み(情報)なんて、嘘・思い込み・経験談が多いですけどね。

生きにくい世の中です

これをやったらダメ、あれをやったらダメ。

誹謗中傷するつもりはありませんが、生きにくい世の中になってきましたね。

本当は何?(笑)

0
その他
スポンサーリンク
AdSenseチャレンジ・旅行・トレンド

コメント

タイトルとURLをコピーしました