GoProは買いなのか?

アクションカメラといえばGoPro

アクションカメラといえば?GoProですよね。

実際にGoProは製品として買いなのでしょうか?

GoPro HERO9を7カ月使用してみての感想を書きます。

現在の私のアクションカメラ

現在、私のアクションカメラはGoPro HERO9です。

GoProを使用するのは、HERO9が初めてになります。

GoPro HERO9を購入した理由

GoProを購入した理由は、GoPro単体で防水機能がある事。

前面に自撮り用のディスプレイが付いた事。

この2点が大きな理由です。

GoProの前に使用していたアクションカメラ

GoProの前に使用していたアクションカメラは、SONYのHDR-AS300です。

SONYの場合は、防水ハウジングケースは付属してきますが、本体のみでの防水機能はありません。

では、何故SONYを購入したのか?

SONY HDR-AS300を購入した理由

私がアクションカメラを購入しようと検討したのは、2018年9月の沖縄旅行へ向けての事でした。

その頃はGoProの存在も知っていて、候補のひとつではありましたが、GoProは内臓マイクと手振れ補正が残念だったのでSONYを購入しました。

その時にはGoPro HERO6が売り出されていて、GoPro HERO7が発売される間近でした。

GoProについて調べまくりました。

その結果、GoProは内臓マイクの性能が特に悪く、動画でのインプレを見ても、何を話しているのか聞き取れないものもあり、これはダメだと判断しました。

手振れ補正に関しても、カクつく事がありました。

GoProと比較してSONYの場合は、防水に関しては付属のハウジングケースを使用しなければなりませんが、内臓マイクはステレオですし、手振れ補正に関しても、空間手振れ補正という技術で手振れに関してはとても良かったです。

これがGoProではなく、SONYを購入した理由です。

今回GoPro HERO9を購入した理由

今回、GoPro HERO9を購入した理由ですが、マイク性能も手振れ補正も良くなっていたからです。

ハウジングケースを使用しなくても防水機能もあります。

HERO9は、前面に自撮り用のディスプレイも付きました。

これがGoPro HERO9を購入した理由です。

GoPro HERO9を購入しての感想(問題点)

GoPro HERO9を購入しての感想ですが、こんなレベルで良いの?という感じです。

それというのも、背面のタッチスクリーンの感度が悪すぎる!

感度が悪いので自分の思ったページを開くことが困難でした。

今はファームウェアのアップデートで改善はされましたが、こんなレベルで発売しても良いのだろうか?と疑問が湧きました。

日本の製品でこのレベルなら確実にクレームものでしょうね。

それともう一つは、本体のみで防水機能があるので気密性が高いです。

ですので、動作中の熱の逃げ場所がないようで、炎天下で長時間使用していると、熱暴走で録画が停止したり、それまでに撮っていたファイルが見られなくなったりするそうです。

私は経験はありません。

SONYの場合は、熱暴走による録画停止を経験した事はありません。

これもちょっと問題な気がします。

暗所での定期的に入るノイズ音。

これは改善されていません。

ノイズ音は個体差では無いようです。

GoProは買いか?

という事で、GoProの背面タッチスクリーンの感度の悪さと長時間撮影での熱暴走が問題であると私は感じましたが、これでもGoProは買いなのでしょうか?

SONY HDR-AS300がハウジング無しでの防水機能が無い事やディスプレイが無いので撮影画角をアプリで確認するしかできませんのでちょっと不便です。

GoProの方が確実に使い勝手は良いです。

間もなく発売されるGoPro HERO10は改善されているのだろうか?

トレンド
スポンサーリンク
AdSenseチャレンジ・旅行・トレンド

コメント

タイトルとURLをコピーしました