うつ病は「心の弱さからくる病気ではない」専門家

うつ病の原因物質を作るウイルスの遺伝子を発見 専門家が発表

それはすごい発見だ。

それと共に。

SITH-1と名付けられたたんぱく質は疲労やストレスで増え、うつ病患者の8割が影響を受けていて、血液検査で調べることができます。

鬱病と嘘をついていた人はヤバい

今まで自分は鬱病であると嘘をついていた人はヤバいです(笑)

血液検査で調べる事ができてしまうのですから。

知り合いの会社の人の旦那は、鬱病で会社を休んでいるにも関わらず、野球観戦やバーベキューなどに呼ばれると行って楽しんでいるそうです。

それって、私からすると鬱病とは思えないんですよね。

ですから、鬱病ですと嘘をついている人は、検査でバレますね。

鬱病で休んでいて給与がもらえている人は、損害賠償問題に発展するかもしれないですね。

心の弱さも関係していると思いますよ

結局は、「SITH-1と名付けられたたんぱく質は疲労やストレスで増え」その影響で鬱病になる。

要するに、ストレスに負けてしまう心の弱さも関係しているのではないでしょうか?

自分でストレスに感じ、そのストレスがSITH-1というたんぱく質を増やす。

ストレスに感じる弱い心も問題なのでしょう。

まぁ、人それぞれでストレスに感じ方が違うので何とも言えない世の中ですけどね。

0
その他
スポンサーリンク
AdSenseチャレンジ・旅行・トレンド

コメント

タイトルとURLをコピーしました