Applewatch5の購入について

Applewatch5の購入について検討してみました

毎日使っている時計が時間の遅れ等の症状が出てきた為、時計を購入しようかと思い、この際なのでApplewatch5を検討してみました。

Applewatchの種類

皆さんはご存じだと思いますが、Applewatchは2種類に分かれます。

GPSモデル

・GPS+cellularモデル

GPSモデルはiPhoneと繋げて通信するタイプです。ですので、iPhone無しでは通信ができません。

GPS+cellularモデルは、Applewatch単体で通信可能というものです。

cellularを使用するには条件があり、iPhoneを使用していて尚且つdocomo、au、Softbankのキャリでのみ使用する事ができます。

残念ながら格安SIMでは使用できません。

私が契約しているキャリアはSoftbankなので、Softbankでcellularを使用する事ができます。

iPhoneはSoftbankなのに、Applewatchはdocomoと契約して使用するという事はできません。

iPhoneを契約している同じキャリアでなければApplewatchのcellular契約できません。

cellular契約をするには月額使用料金が必要です。

docomo  月額500円
au     月額350円
Softbank  月額350円

Applewatchを検討するに当たって、先ずはここで悩みます。

GPSモデルにするか、GPS+cellularモデルにするか。

もしかすると、「cellularをそのうち契約するかもしれない」と思う人は、迷わずGPS+cellularモデルのApplewatchを購入する事になりますね。

GPS+cellularモデルを購入しても、キャリアと契約をしなければ月額使用料は発生せず、単なるGPSモデルとして使用する事ができます。

Applewatchの本体価格

Applewatchの本体価格は、本体の大きさと使用している素材とcellularモデルかどうかの3つの要素で価格が変わってきます。

本体の大きさ

本体の大きさは、40ミリと44ミリの2種類の大きさがあります。

この画像を見ただけでも大きさの違いが分かりますね。

私が会社の後輩のApplewatch4の44ミリを借りた画像がこちらです。

私の手首が細いのか、44ミリのApplewatchはかなり大きく見えます。

私が買うなら40ミリの方が良いのかもしれません。

使用している素材の違い

Applewatchは使用している素材で4つの種類があります。

GPSモデル(42800円~税別    GPS+cellularモデル(53800円~税別)
アルミニウムアルミニウム
ステンレススチール
チタニウム
セラミック

価格が一番安いのはGPSモデルです。

大きさが40ミリで一番安いアルミニウムの物でも、GPSモデルとGPS+cellularモデルで価格差が11000円あります。

アルミニウム以外でGPSだけのモデルは無いので、他の素材のApplewatchが欲しい場合は、GPS+cellularモデルしか選択肢が無くなりますね。

Applewatch5で進化した機能

Applewatch4からApplewatch5になったわけですから、機能の進化があります。

常時表示可能

Applewatch4では、ディスプレイの常時表示はできませんでした。

バッテリーの消耗を少なくする為なのか、ディスプレイは常時表示ができませんでした。

それが、Applewatch5では可能になりました。

コンパス搭載

コンパスが搭載されました。

自分が向いている方向が分かるようになりました。

マップを表示すると自分が向いている方向がわかります。

その他

ストレージ容量が、16GBから32GBに増えた。

まとめると

Applewatchには、GPSモデルとGPS+cellularモデルの2種類があります。

大きさも2種類あります。

価格は、大きさの違い、GPSモデルかGPS+cellularモデルかの違い、使用している素材の違い。

この3つの違いで価格が変わってきます。

上記を前提に検討してみました

上記の違いを前提に検討してみました。

本体の大きさ

本体の大きさについては、私は男ですし、画面は大きい方が良いので44ミリにしようと思います。

どの素材のApplewatchにするか?

価格的に考えると、アルミニウムのモデルです。

チタニウムやセラミックは、傷に強いようなので買い替え時の下取りが良いかもしれませんが、アルミニウムを購入したとしてもどちらにしてもケースに入れる事になると思います。

ですから、ケースに入れるとapplewatch自体の見た目は変わらないと思います。

ケースに入れずにそのままで使用するならステンレスやチタニウムは見栄えがよさそうですね。

GPSモデルかGPS+cellularモデルか

ここが一番の悩みどころです。

iPhoneは基本的に持ち歩いているので、GPSモデルで良いと思いますが、もしもiPhoneから離れている時に、通知が欲しい事を考えると、GPS+cellularモデル。

しかし、月額使用料が発生する(私のキャリアはSoftbankなので、350円程度)

ランニングコストとiPhoneと離して使う事が少ない事を考え、GPSモデルにしようと思います。

私が買う候補のApplewatch5

色々と検討した結果、私が購入するApplewatch5は、これになります。


Apple Watch Series 5(GPSモデル)- 44mmスペースグレイアルミニウムケースとブラックスポーツバンド – S/M & M/L

しかし、問題がひとつ

ここまで検討して、購入するApplewatch5が決まりましたが・・・・

ひとつ問題が見つかりました。

バッテリー問題です

Applewatch5のバッテリー稼働時間は、18時間との事。

これはApplewatch4と変わりません。

しかし!

設定で変更できるとはいっても、Applewatch5はディスプレイの常時表示が可能になっております。

Applewatch4からの大きな機能アップのひとつでもある常時表示機能。

実際に稼働時間をググってみると、長くて24時間、短くて18~20時間程度との事です。

やはり、常時表示機能がバッテリーの稼働時間に影響している様子。

出張でなければ20時間以内には帰宅しますが、バッテリーを気にしなければならない時計ってどうなんだ???

それも、充電にはiPhoneと同じライトニングケーブルでの充電はできない。

非接触型での充電になります。


Apple Watch 充電ケーブル アップルウォッチ充電器 0.3M 短い 携帯便利 磁気吸着APPLE WATCH Sereis5/4/3/2/1に対応

検討した結果

ここまで調べまくって検討した結果。

バッテリー持ちがあまり良くないという事が判明しました。

という事で、Applewatch5の購入は保留中です!(笑)

0
トレンド
スポンサーリンク
AdSenseチャレンジ・旅行・トレンド

コメント

タイトルとURLをコピーしました