最低賃金 全国平均で1円引き上げ 時給902円に

コロナでも引き上げ

最低賃金 全国平均で1円引き上げ 時給902円に

このコロナウイルスの影響で日本経済が落ち込んでいるにも関わらず、最低賃金が引き上げられるのは凄い事ですね。

今年度の最低賃金について、厚生労働省の審議会は新型コロナウイルスの影響で事実上、今の水準に据え置く方針を示しましたが、都道府県で議論した結果、40の県で1円から3円の引き上げを決めました。その結果、最低賃金は全国平均で1円引き上げられ時給902円となります。

全国平均で1円の引き上げなので、ゼロのところもあるのでしょうね。

最低賃金は都道府県ごとで違います。

1円の引き上げではそんなに嬉しさを感じませんね。

厚生労働省によりますと、引き上げを決めたのは合わせて40の県で、引き上げ額については
▽1円が、神奈川や愛知など17の県、
▽2円が、秋田や鳥取など14の県、
▽3円が、青森や愛媛など9の県となっています。

ほかの都府県と比べて最低賃金の水準が低い地域を中心に、2円や3円の引き上げとなりました。

青森や愛媛が3円という事ですが、もともと790円程度でしたので、47都道府県でいちばん低い方です。

ですので、3円といわれても47都道府県で低いのは変わりません。

0
その他
スポンサーリンク
AdSenseチャレンジ・旅行・トレンド

コメント

タイトルとURLをコピーしました