レジ袋の有料化は意味があるか?

有料化の意味は環境問題

7月1日からレジ袋が有料化になりました。

数円を支払って、レジ袋を購入しなければなりません。

レジ袋を有料化にした意図は?

何故、レジ袋を有料化にしたのでしょうか?

レジ袋は、プラスチックごみ全体の2%にしかすぎません。

それでも、貴重な海の生物がレジ袋を飲み込んでしまい絶滅の危機?にあったりするのも有料化にした原因らしいです。

たった2%のレジ袋が悪者にされているのです。

紙袋は?

レジ袋がプラスチックごみとして問題視するのであれば、紙袋にしたら良いのではないでしょうか?

紙であれば、燃焼もしやすいでしょうし、海に流れ出たとしても、水に溶けやすいと思います。

実質的に値上げ?

今まで、レジ袋が無料であったという事は、有料にする事は実質的に商品の値上げになるのでは?

レジ袋を有料にするのであれば、商品を値下げして欲しいですね。

商品の価格がそのままで、レジ袋が有料になったという事は、商品の値上げという事になりますね。

有料にしただけでは意味がない

レジ袋を有料にしただけでは、意味が無いと思いますがどうでしょうか?

プラスチックごみ全体の2%にしか過ぎないレジ袋。

お金さえ払えば入手できるわけですし、それが海に流れ出ないとは限らない。

レジ袋を有料化にするのではなく、廃止にした方が環境問題を考えると良いと思います。

結局、レジ袋を作る為の熱量などで地球温暖化にもなりますし、お金を払って購入・使用するという事は、何も解決にはなっていませんね。

レジ袋を廃止して欲しいです。

それで有料化にした意味があるかどうか、結果がでるでしょう。

果たして、環境問題は少しでも良くなるのでしょうか?

きっと、環境問題は何も変わらないと思います。

0
その他
スポンサーリンク
AdSenseチャレンジ・旅行・トレンド

コメント

タイトルとURLをコピーしました