レジ袋有料義務化、温度差抱えてスタート コンビニ・スーパー・外食 業態で異なる事情

レジ袋「削減」の動き急速に進むが… 実はプラスチックごみ全体の「2%」

レジ袋有料義務化、温度差抱えてスタート コンビニ・スーパー・外食 業態で異なる事情

本日(7月1日)からレジ袋の有料が義務化になりました。

金額がどうのこうのではありませんが、レジ袋はプラスチックごみ全体の2%という事実があるみたいです。

地球温暖化やごみ問題を考えるのであれば、もっと他に削減すべきプラスチックごみがあるのでは?と思ってしまいますね。

レジ袋が無料でなくなるのなら、一度に購入する物の数を減らす人が増えそうですね。

日本の経済にも影響を及ぼしそうな気がしますが、大げさに考え過ぎでしょうか?

絶滅危惧種 オサガメの体内からレジ袋 高知 室戸

このニュースを見ると、レジ袋が悪いように思えますが、実際に悪いのはレジ袋を捨てた人です。

無料で提供を受けていた何パーセントの人が正しく処理をしなかったのかで、有料化にしても意味があるかどうかという事になりますね。

その辺に捨てるような人は、有料化になってもお金を出して、関係なく捨てるような気がします。

という事で、レジ袋を正しく捨てている人に影響が出るという結果になりますね。

レジ袋 欧米は再び無料化の動き 新型コロナ感染対策で

海外ではコロナ感染対策でレジ袋が無料化へ???

環境問題よりも、今は人間の命がいちばんという事ですね。

0
その他
スポンサーリンク
AdSenseチャレンジ・旅行・トレンド

コメント

タイトルとURLをコピーしました